田中洋太Presents 4人の演奏家 Concert のご案内


2020年10月25日(日)
長崎市チトセピアホール 午前の部 「みらいのこどもたちへ」 
11:00開場 11:30開演
全席自由 1,500円  ※当日券は500円増

曲目:どれみの歌、道化師のギャロップ、きらきら星演奏曲(松﨑国生)他

子供たちが楽しめるプログラムです。

午後の部 「とどけ!みんなのきもち」
16:00 開場 16:30 開演
チケット 学生 1,500円 一般 3,000円
当日券は各500円増
曲目:Blue&White(田中洋太)、でんでらりゅうば変奏曲(松﨑国生)他

◆チケットお求めは
TEL 090-5504-7610 または、下記、チケット申し込みフォームからお申込みください。

チケットは必要事項をご記入の上、当日お忘れのないよう、開場受付にお渡しください。


主催:田中洋太Presents 4人の演奏家CONCERT実行委員会

後援:音の絵

出演者プロフィール

プロデュース

田中 洋太 たなか ようた

国立音楽大学卒業。1981年NHKラジオ番組で作曲家としてデビュー。

1982年NHK特集「奥飛騨白川郷-合掌屋根を葺く」(第3回地方の時代賞、文化の

創造賞受賞)での音楽が評価され、その後テレビ番組等の作曲、多数。

文化庁芸術作品参加ドラマ「二人の医師」・土曜ワイド劇場(テレビ朝日)「追跡」

「テレビフォーラム」「Time21」(日本テレビ)等がある他、世界デザイン博(名古屋)の三菱未来館の音楽監督(作曲・指揮)を担当。ロスアンジェルス・フィルハーモニック・オーケストラと共にハリウッドで録音。2020年にはピアノソロ作品集「昊 SOLA」を発売。

ピアノ 永源 美恵子 えいげん みえこ 

国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻を首席で卒業。武岡賞受賞。

読売新人演奏会、同調会東京支部、福島支部演奏会で演奏。第2回ABC新人オーディション合格。大阪シンフォニーホールにて演奏。スタインウェイ主催によるピアノリサイタルを初め、「不思議の国のロシア」。リサイタル、主宰する音の絵コンサート等演奏活動を行っている。ピアノをウラディーミル竹内氏に師事。    

マリンバ 河野 真紀子 こうの まきこ

国立音楽大学器楽学科打楽器専攻を首席で卒業。武岡賞受賞。NHK洋楽オーディション合格。第3回打楽器新人演奏会最優秀賞受賞。マリンバソロ、パーカッションアンサンブルで演奏活動を行っている。    

サクソフォン 方波見 一真 かたばみ かずま

東海大学教養学部芸術学科音楽学課程卒業。読売新人演奏会、日本サクソフォン協会新人演奏会に出演。2012年兵庫県、淡路島地域活動事業に参加。2013年鉾田市教育委員会主催、「動物たちの音楽祭」を企画、開催。現在、国立音楽大学ディプロマコース管楽器ソリストコースに在籍。サクソフォンを滝上典彦、田中靖人の各氏に師事。  

ヴァイオリン 松﨑 国生 まつざき くにお

作・編曲家、ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノ奏者。作曲家として「松﨑国生作品個展そら・ぐらちあ」を開催。編曲家としてNHK音楽祭2016~2019「シンフォニック・ゲーマーズ1~4」等に参加。演奏家として長岡京室内アンサンブル等に参加。これまでに森悠子、宮内康恵の両氏に師事。

ゲスト

ヴィオラ 南條 聖子 なんじょう しょうこ

京都市立堀川高校音楽科を経て京都市立芸術大学音楽学部を卒業。2019年日本各地のオーケストラの中から選ばれたプレイヤーが集まるアフィニス夏の音楽祭に参加するなど、ヨーロッパや日本において室内楽やオーケストラアンサンブルの為の研鑽を積む。

現在 長岡京室内アンサンブル、大阪交響楽団のメンバー

ヴィオラをデイヴィッド・キグルと村上淳一郎、ヴァイオリンを森悠子の各氏に師事。

<賛助出演>

パーカッション 平野 俊太郎 ひらの しゅんたろう

茨城県立大洗高等学校マーチングバンド Blue-Hawks 2014年度卒

常磐大学国際学部経営学科卒業。茨城県を中心にマーチングの指導活動を行っている。

ホルン 辻 理香 つじ りか

<映像出演>長崎南高等学校吹奏楽部

私たち長崎南高等学校吹奏楽部は、部員同士とても仲が良く、学業との両立をしながらも、毎日明るく楽しく活動しています。今年度は7月に稲佐山野外ステージでサマーコンサートを2回、さらに昨年度末3月に予定していた定期演奏会の振替公演も実施し、多くのお客様に喜んで頂けました。どんな状況になっても、南高の校訓である「気魄」と「情熱」を持って最高の「南高サウンド」と「南高スマイル」をお届けできるよう頑張っています。ぜひ、お楽しみください!

2020年9月21日(月・祝)田中洋太Presents 4人の演奏家 東京公演(無観客公演)
☆この公演は、長崎公演のPRを兼ねて、演奏者の紹介、演目のご紹介などをいたします。
リアルタイムでの配信では致しませんが、
どなたでもご覧になれるように、9月末日迄に動画配信をいたします。


<配信予定サイト>https://otonoe.jp/nagasaki2020/


◆長崎公演は、新型コロナ感染防止予防ガイドラインに即した公演ですので、以下の内容
をご了承の上、来場ください。
♪入場前に検温させて頂き、37.5℃を超える熱がある方の入場をお断りさせていただきま
す。
♪マスクのご着用をお願いいたします。
♪会場内、及びロビーでの会話は、最小限にお願いいたします。
♪フィジカルディスタンスを守って下さい。客席は、必ず一席空けてご着席ください。
♪会場内、入口、トイレにアルコール消毒液をご用意しております。こまめな手指の消毒
を宜しくお願いいたします。

アマチュア演奏家×プロの演奏家コラボ演奏会「ビデオレターを添えて」

あなたの演奏にプロが音を重ね動画を制作致します。遠く離れたご家族、ご友人にビデオレターを送りませんか?この度参加者を募集します。

参加日時:2020年9月22日(火)10:30~17:00までのいずれか15分間(練習込み)

於:世田谷美術館 講堂

参加費用: 11,000円

お申し込みはお電話のみTEL 090-5504-7610(永源)まで

永源さんの控室

ホームページ管理人より

この度、永源さんの控室というページを作成しました。

ホームページを開設して早8年。

竹内先生のお話や、ベルマンについて、ケルシュバーマーについてなど文章をお願いしても

「分かったわ~今度ね~」と流され続けてきました。

そして、ご自身は演奏会でソロを中々弾きたがらず、本番間際になってくると決まって「やっぱりこの曲じゃなくてこっちの方が今聞いていただきたい」と用意していた曲をお蔵入りにしてしまうことが多々ございます(それが魅力といえば魅力ですが)

何より「本番を録音・録画されるのが大嫌い」

ということで考えました。

リハーサルや音楽の雑談を私がビデオでとってYOUTUBEで公開すればいいのだと。

永源さんのお話は大変興味深く、管理人は永源さんからピアノで実際に音を出して、言葉と一緒に音楽を教わってきました。

「そんなもの誰もみないわよ」と言われましたが、続けてみようと思います。

チャンネル登録を何卒お願い申し上げます。

竹内先生のお引き合わせ?

ここのところ、このホームページとはご無沙汰しておりましたが、その間、思いがけない方との出会いがありました。作曲家の田中洋太さんです。 

話は数年前に遡ります。当時お付き合いのありましたサックス奏者の滝上さんから、銀河管弦楽団の演奏会にお招きいただきました。

「クラシックの演奏会ではありませんが、大丈夫でしょうか?」と言われましたが、そんなことは何のその。大丈夫も何も、私はQueenが大好き。

パンク、ヘヴィメタ、ジャンルを問わず好きなものは好きという雑食です。ぜひ!とピアノを教えている生徒さんと二人で出掛けました。

聴いて直ぐにその音楽が大好きになり、一緒に聴いていた生徒さんにその旨伝えた所、その生徒さんが、早速次のレッスンの時に、銀河管弦楽団のCDを買ってきて下さいました。気に入ったとなれば、しつこい性格ですので、夢中になり、聴くは聴く。家でも車でも音楽鳴りっぱなしでした。 

昨年春、一通の手紙が届きました。 
手紙にはこう書かれていました。 
「私は、田中洋太ともうします。竹内先生にピアノを教えていただき、国立音楽大学ピアノ科を卒業しました。永源さんのホームページで先生のお墓の場所がわかり、お参りに行くことができました。」と感謝のお言葉がありました。

目が点です。あの大好きな曲を作った、銀河管弦楽団の演奏会で、楽しそうに指揮をしながらピアノを弾いていたあのお髭のおじさま‼️いえ、田中洋太さんからお葉書をいただこうとは。

そちらは知らなくても、私は存じております。風な返信を書きましたところ、会いましょう、というお話になりました。

普通、誰かの思い出というのは、その誰かとの付き合いによってそれぞれ全く違うものになるのですが、田中洋太さんの思い出は、私が竹内先生と出会う以前の空白の期間を埋めて下さるような、懐かしさに溢れた思い出で、勿論田中さんのお人柄によるものではありますが、それはそれは楽しくお話を聞かせていただけました。

そして私は、初めて田中さんの音楽を銀河管弦楽団の演奏会で聴いたときの、あのワクワクするような心踊る感じが蘇り、昨年秋の音の絵発表会で、生徒さんと皆で田中さんの音楽を演奏できたら!皆がこんなに楽しい気持ちになってくれたら!と思い、田中さんにお願いして発表会で皆で演奏させていただく機会に恵まれたのでした。
これにはまだ続きがあり、田中さんの夢が実現するのに少しでもお役になれたら、と今に至っています。 

ご縁の不思議。元来、あまり不思議に思わず日常を生きている私も、流石にこれは竹内先生のお導きかと不思議なお引き合わせにありがたく思っています。 

最後に、田中さんの音楽をお聴きになりたい方は、 こちらを

http://www.ginga-k.com/index.html

「音の絵」発表会で、田中さんの音楽に触れさせていただいた生徒さんも、沢山CDを買って聴いてくださいました。同じ感覚で一緒に聴ける音楽って素晴らしいと思いませんか? 

サクソフォンとピアノによる「音の絵」を終えて

長崎、茨城の演奏会にお越しいただいた皆様へお礼

3月24日(土)長崎、4月8日(日)茨城での演奏会が終了いたしました。

長崎の会場は活水女子大学の小チャペル。歴史のある場所で、神様の御前での演奏は厳かな雰囲気に包まれていました。

茨城では、さわやホテルでの演奏会。ホテルのご厚意で、休憩にはお茶も頂け、こちらは暖かい春の陽射しに包まれた和やかな演奏会となりました。

サックスの方波見さんとは10年来のお付き合いになりますが、彼の願いは、日本中の方々にクラシック音楽をもっと身近に感じて頂けたら、というものです。

これには私も同感です。心を動かされるふとした瞬間が日常からどんどん消えていってしまっているように感じられるこの頃です。

心は何かを感じて柔軟に動かないと、年をとったときに憐れになってしまいます。クラシック音楽は、ちょっとした聞き方のコツさえわかれば、ロックよりノリノリになれるし、深い感動を覚える、心を揺り動かされる音楽です。

きっと方波見さんは、これから大勢の人に夢を届けるのだと思うと、嬉しくなってしまいます。頑張れ方波見さん。とてもいい演奏会でした。

長崎では、はるばる鹿児島から。また茨城では長崎から聴きにいらして下さり、感謝いたしております。演奏会の広告をご覧になって足を運んでくださった多くの方々にもお礼を申し上げます。また、お目にかかれるときを楽しみにしております。

永源 美恵子

サクソフォンとピアノによる「音の絵」

3月24日(土)長崎で、4月8日(日)茨城県鉾田市での演奏会に出演させていただきます。

共演は、サックス奏者の方波見一真さんです。音の絵でお馴染みの方も大勢いらっしゃると思います。方波見さんは、今長崎の活水高校で、カリスマ指導者のもと、吹奏楽部の指導や運営に活躍されています。激務の中、自分が演奏することを心に持ち続けていらっしゃることに感銘を受け、また一緒に演奏できることを心から楽しみにしております。

演目は、前半バッハとヘンデル。後半は近、現代の曲。ピアノはメトネルやドビュッシー等を演奏致します。

東京からは遠い長崎ですが、春休みに旅行がてら聴きにいらして頂けますと嬉しいです。
歴史的建造物である、活水女子大学のチャペルで演奏させていただきます。建物の歴史、長崎の歴史を思いますと頭が下がるような気持ちになります。いい演奏会になりますように誠心誠意準備して参ります。

長崎ではちょっと遠いと思われる方は、鉾田市にぜひお越し下さい。都心から二時間ほど。お野菜が美味しい、自然に恵まれた豊かな町です。

○サクソフォンとピアノによる「音の絵」【長崎公演】チケット販売ページ

・平成30年3月24日(土)13:30開場 14:00開演

活水女子大学 東山手キャンパス 小チャペル(本館4F)

全席自由 一般 3,000円 大学生以下 2,000円

https://s.confetti-web.com/detail.php?tid=44793&

・平成30年4月8日(日)14:30開場 15:00開演【茨城公演】

チケット販売ページ

https://s.confetti-web.com/detail.php?tid=44794&

ホテルさわや

全席自由 一般 2,000円 大学生以下 1,000円

・サクソフォン・・・・ 方波見 一真

・ピアノ ・・・・・・ 永源 美恵子 (東京在住)

※国立音大首席、第2回ABC新人オーディション入賞

○活水女子大学 東山手キャンパス 小チャペル

(本館4F)

〒850-8515 長崎市東山手町1-50

交通手段 当日は公共交通機関をご利用ください。駐車場はございません。

<路面電車>

・JR長崎駅から[1]系乗車「築町」で[5]系に乗り換え「市民病院前」下車(所要時間約15分)、徒歩5分.

<バス>

・JR長崎駅南口バス停から長崎バス[30]系に乗車、「市民病院前」下車(所要時間約15分)、徒歩4分

・JR長崎駅東口バス停から長崎バス [40]・[60]系に乗車、「市民病院前」下車(所要時間約15分)、徒歩4分

○ホテルさわや

〒311-1517 茨城県鉾田市鉾田1583−2

駐車場あり

Program

ニコライ・メトネル 忘れられた調べ Op.3第3曲「春」

J.S.バッハ目覚めよと、われらに呼ばわる物見らの声』BWV140

J.S.バッハ アリオーソ(チェンバロ協奏曲 第5番 ヘ短調 BWV.1056第2楽章)

ヘンデル ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集 作品1-15 ホ長調 HWV373

ドビュッシー ベルガマスク組曲より

サクソフォン 方波見 一真 Kazuma Katabami

茨城県鉾田市出身 常総学院高等学校卒業 東海大学教養学部芸術学科音楽学課程卒業。卒業時、読売新人演奏会、日本サクソフォン協会新人演奏会に出演。2012年より兵庫県・淡路島地域活性事業に参加、飯森宣親氏、森悠子氏(元リヨン音楽院助教授)の指導の元、混合オーケストラのメンバーとして演奏会や音楽祭に出演。

2013年鉾田市教育委員会主催、「動物たちの音楽祭」を企画し開催。

その他、リーガロイヤルホテルフレッシュコンサート(大阪)、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015エリアコンサート(東京丸の内)等に出演。サクソフォンを滝上典彦氏に師事